トイレのリフォーム

泥まみれの作業員

トイレリフォームをする場合の費用の傾向とは

あなたは、トイレリフォームをしてみたいと思ったことはありませんか。トイレは、毎日誰でも使用する必要のある空間となっています。ですから、やはり清潔感の漂うトイレにしておきたいものです。最近の日本のトイレは、ウォシュレット機能が付いていたり、シャワートイレとなっていることが一般的になってきています。 トイレリフォームを行う場合、便器を取り換えるのなら、本体の代金がおよそ5万円〜30万円ぐらいとなっており、別に工事費用がおよそ5万円〜10万円加えられることが多いです。 さまざまな種類のトイレリフォームがありますが、一般的な費用の相場は大体50万円〜100万円ぐらいだと考えていいでしょう。和式便器を様式に取り換えたり、大がかりな工事になってくるとかなりの金額が必要となってきます。

日本のトイレ設備にはどんな歴史があるのか

現在の日本のトイレは、外国人から非常に褒められるものになっています。そんな日本のトイレは、どのように進化してきたのでしょうか。たとえば、1976年には、日本で最初の節水便器ができました。これは、全国で水不足が問題になっていたため、なるべく水を使わないトイレが発明されたのです。 1980年になると、温水洗浄便座が発明されます。これは、海外の人々にも絶賛され、海外セレブ達が自宅のトイレリフォームを行ってわざわざ日本メーカーの温水洗浄便座に付け替えたこともありました。 1993年になると、タンクレストイレと呼ばれるタンクの付いていないトイレができました。これは、トイレの空間が広くなるという画期的な発明でした。 2000年には、人が近づくと自動的に便器のフタが開くという全自動大便器が作られ、この機能を自宅に付けたいとトイレリフォームをする人も出てきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加